配役は人間関係で決まる|価値のある人間になる【テレビ番組に出演してみよう】
ウーマン

価値のある人間になる【テレビ番組に出演してみよう】

配役は人間関係で決まる

メンズ

コネの強いプロダクション

テレビで活躍しているタレントや役者は、最初から売れていたわけではないのです。どのようなスターでも下積み時代があります。大事なのは下積み時代にどれだけの人間関係が築けるかです。例えばテレビドラマを製作する場合、まずキャスティングを決めます。登場人物の配役を決めるのがキャスティングです。多くのタレント志望者が集まるプロダクションには、それなりの理由があります。それは業界内でのコネクションが強いという点です。キャスティングはコネクションにより決まることが多いので、そのようなプロダクションに所属した方が有利なのです。このようなプロダクションに所属すると、担当スタッフが芸能界に挨拶廻りをしてくれます。これによって顔を覚えてもらえるので、キャスティングされる可能性が高くなるのです。

タレント名鑑に載せること

テレビドラマや映画でキャスティングされるには、知名度が必要です。必ずしも芝居のうまい人が選ばれるとは限らないのが芸能界です。演技力よりも知名度が優先する世界です。なぜなら知名度があるということは、それだけ人気がある証拠だからです。例え演技が未熟でも、人気者が出れば視聴率もアップするのです。キャスティング担当者はタレント名鑑を常に持っています。その名鑑にはタレントの情報が載っており、キャスティングの時にそれを見て配役を決めることがあります。ですからプロダクションに所属したら、タレント名鑑に載せてもらうように努力することが大切です。テレビ業界では顔なじみになるとキャスティングされやすいという慣習があります。どんな小さな端役でも一生懸命に演じて強い印象を残せば、また次のドラマに使ってもらえます。これを繰り返すことによって、スターの階段を上ることができるのです。